クワズイモ・ドットコム

クワズイモは暖かく湿度の多い時期に発芽や発根をしやすいので、増やすには春から初夏にかけての時期が最適です。

 

クワズイモは、の生育期には挿し木や株分けで容易に増やすことができます。

挿し木をするには、茎を切断し、切断面をある程度乾かしてから挿し木にします。まだ小さいクワズイモの苗切断面をきれいにして、乾かしてから土に刺すようにしないと、そこから腐ってくる場合もありますので注意しましょう。

株分けは、根のついた芋を分割する要領で行います。実際に株分けをしたときの様子を、二つに分けたクワズイモクワズイモの株分けのページにまとめておきましたので参考にしてください。

株分けは、根をそのまま活かせるので、挿し木よりさらに容易で、失敗することも少ない増やし方といえます。

株分けの後2週間位は、日陰の場所に置いて、根を育成するために水を少なめに与えます。

クワズイモの花しばらくは葉も垂れ気味で元気がないように感じるかもしれませんが、2〜3週間経って新しい芽が出てこれば成功の証です。

挿し木や株分け以外にも、自然環境と同じようにクワズイモの花が咲いた後に、その実の中に入っている種から育てることもできます。

しかし、九州の南部や沖縄地方なら可能な高い湿度や気温など、クワズイモが花を咲かせ実をつけることに最適な環境にするのは難しいと思います。花を咲かせることだけでも、室内ではなかなか難しいかもしれません。


クワズイモの育て方 | クワズイモの株分け | クワズイモQ&A | メッセージボード

 
Copyright (c) Coral Arc All Rights Reserved.