クワズイモ・ドットコム

クワズイモは丈夫で育てやすい観葉植物です。繁殖力も旺盛なので、成長させたり増やしたりする楽しみもあります。

 

クワズイモは、春から秋が生育期です。首都圏の気候でいえば4月から10月にかけて、すくすくと育つ姿を楽しみましょう。強い生命力もクワズイモの魅力です

屋外の日陰でも、少々日当たりの悪いマンションのベランダでも大丈夫です。強い日光に当たりすぎると茶色く葉焼けを起こすこともあります。

生育期には、毎日の水やりと1〜2週間に1回程度の割合で肥料を与えます。肥料は量販店に置いてある普通の肥料でかまいません。観葉植物用と銘打たれた液体肥料のハイポネックス、固形のマグアンプ、油糟、などいろいろ種類があります。

この時期のクワズイモは成長が早く、日々、変化する様子を楽しめます。唯一、注意することとしては、鉢の排水が悪かったり、水をあげすぎると、根腐れを起こしてしまうことです。

クワズイモは、耐陰性と共に耐寒性もある植物ですが、気温が5度を下回る冬の時期は、日当たりの良い室内に置いてあげると良いでしょう。

雪の降らない暖かい地域では屋外で冬越しさせることもできます。冬の時期は基本的に成長しないので、冬の室内でも新芽が絶えませんあまり水を与えずに、土が乾いたら水をあげるようにすれば容易に冬越しできます。この時期は肥料もいりません。

冬の時期は、葉が垂れ下がってきて、全部の葉が落ちてしまうこともありますが、また春になれば、新しい芽が伸びてくるはずなので心配ありません。クワズイモの育て方について疑問点があれば、クワズイモQ&Aのページも参考にしてください。増やし方についてはこちらのページを参照してください。

クワズイモの病気と対策
クワズイモは、比較的丈夫な観葉植物といえます。病気や害虫に対して神経質になる必要はありませんが、桿状細菌による軟腐病には注意が必要です。軟腐病は、根腐れを起こし、茎の根元にある芋の部分が腐ったように柔らかくなる病気のことです。水のやりすぎに注意して、排水や通気の良い環境に置いてあげれば予防できます。


クワズイモの増やし方 | クワズイモの株分け | クワズイモQ&A | 花と緑の園芸SNS「ガーデニングDAYS」

 
Copyright (c) Coral Arc All Rights Reserved.