クワズイモ・ドットコム

クワズイモはサトイモ科(Araceae)クワズイモ属(Alocasia)の植物です。他にはどんな仲間たちがいるのでしょうか?

 

観葉植物として人気がある仲間に、クワズイモの小型種として、シマクワズイモ(ヒメクワズイモ、アロカシアククラータ、Alocasia cucullata)があります。シマクワズイモはハートの形でツヤのある葉をもっています。

小型のシマクワズイモに対して、大型のインドクワズイモ(ジャイアントタロ、タアム、Alocasia macrorrhiza)と呼ばれる品種もあります。東南アジアから太平洋諸島が原産の大型品種で、クワズイモ(Alocasia odora)と見た目はあまり変わりませんが、大きなものでは3メートルにもなります。

クワズイモとインドクワズイモの見分け方ですが、よく見るとクワズイモは、葉柄は葉身に盾着(裏面で繋がっている状態)していますが、 インドクワズイモの方は、葉柄は葉身に縁着(葉のフチから伸びている状態)しているので、葉が上を向いていることが多くなります。シマクワズイモもインドクワズイモも、単にクワズイモと表記されていることがあります。

日本でよく見かける観葉植物の中で、クワズイモに近いものとして、同じアロカシア属のアロカシア・アマゾニカ(Alocasia x amazonica)、ビロード状の光沢があるアロカシア・グリーンベルベット(Alocasia cadieri "Green Velvet")、アロカシア・ブラックベルベット(Alocasia reginula "Black Velvet")、配色が逆になっているアロカシア・リバーサ(Alocasia reversa "Hanah")などがあります。

学術的な分類はともかく、観葉植物として、その存在というかキャラクターが、最もクワズイモに近いのは、やはりサトイモ科のモンステラ(Monstera deliciosa、ホウライショウ、鳳莱蕉)だと思います。

クワズイモもモンステラも、どちらもインテリア性の高さから人気の高い観葉植物です。鉢植えでもハイドロカルチャーでも栽培できるところ、斑入り(バリエガタ)の品種も出回っているところ、真冬は別として屋外でも室内でも観賞できるところも似ています。クワズイモの小型種であるシマクワズイモに対して、小型種のメモンステラ(Monstera.adansonii、アダンソニー)も同様に人気があることなど、クワズイモとモンステラには多くの共通点があるように思います。


クワズイモとは? | クワズイモの育て方 | クワズイモQ&A

 
Copyright (c) Coral Arc All Rights Reserved.